フローリングとその保護

コーティング

塗料による違い

一戸建てやマンションなどでは、フローリングとしている場合が多い。これらのフローリングでは、経年と共に劣化しやすく劣化が進むと、沈み込みや色落ちなど見た目が著しく悪くなることがある。劣化を少しでも抑え、良い状態を長く保つ場合に欠かすことのできないこととしてフロアコーティングがある。フロアコーティングでは、フローリングに特殊な薬品などを塗り、コーティングする方法である。フロアコーティングでは、その方法によりいくつかの種類がある。表面の光沢を上げる方法や、傷に強くなる塗料を塗る方法、UVカットができる塗料でコーティングする方法などがある。フローリングでは、外からの日差しを受けやすく、日差しによる劣化が起きやすいためUVカットの効果があるフロアコーティングを行うことが効果が高いとされている。フロアコーティングでは、その方法などによっても異なるが数年から10年程度効果が持続するものが多い。新築住宅などでは、購入時にはフロアコーティングがされていることが通常である。しかし、経年と共にその効果が落ちてくるため、効果が無くなる前にフロアコーティングし直すことが重要である。フロアコーティングでは、耐久性を高める効果の他、普段の掃除のしやすさを上げるといった効果もある。コーティングを行うことで、汚れが取れやすくなるなどの効果もある。これにより、普段は汚れた場合に力を入れて取る必要があるものも、コーティングにより簡単に汚れを落とせるケースもある。

Copyright© 2018 フロアコーティングをする【住宅に合った適切なコーティングの選択】 All Rights Reserved.