コーティング

フローリングとその保護

フローリングでは、外からの日差しなどにより経年と共に劣化しやすい部分である。これらの劣化を抑える方法としてあるのが、フロアコーティングである。UVカットできるものや光沢を上げるものなど、塗料による違いがある。

エアコン掃除

業者だからこその洗浄力

高い洗浄技術と専用の機器を使う業者のエアコンクリーニングは、徹底的にエアコンの内部をきれいにします。神戸の業者では作業前に養生する上に、作業後の室内の清掃をしてくれます。電気代を節約できるほか、アレルギーやニオイの心配がなくなるのが大きな魅力です。

部屋

床に輝きを持たせよう

フローリング床へのワックスがけは艶を出して見栄えを良くする他に、床材を覆う皮膜を作ることで傷や汚れによる劣化を防ぐ効果があります。ワックスの皮膜は年月の経過で劣化するので、良好な状態を保つためには定期的に塗り替えを行うことが大切です。

お風呂

バリアフリーにしよう

風呂のリフォームをする家庭が増えてきているのは、様々な理由が考えられます。バリアフリーにするのは高齢者の家族のためです。また、最新式の機能を取り付けることもあります。カビ対策のために乾燥機能を取り付けることも可能です。

フローリング

綺麗に保つ事が出来ます

フロアコーティングはフローリングを綺麗に保つ事が出来るため、非常に多くの方々によって利用されています。フロアコーティングを行っている業者も多くなっているため、費用や作業期間など色々と比較してみましょう。

コスパ重視で施工する

床

毎日の暮らしのために

住宅の床を綺麗な状態で保護するために、フロアコーティングは欠かせません。施工のタイミングは新築の時が良く、長期的に利用するとわかっている場合が最適です。個人の住宅での施工で人気なのが、UVコーティングです。料金は高めでも、耐用年数が20年以上と長く、コーティングとしての役割を十分に果たすのが理由です。他コーティングに比べて施工時間が早く、すぐに入居できるのも特徴です。コーティングをすると光沢のある床が高級感を与え、家具が擦れることでできる傷や、何かをこぼした時の汚れからも保護できます。日々の掃除の手間が減るのも便利なところです。何もコーティングしていない状態では滑りやすい床も、施工すると転倒防止になります。走り回りやすい小さな子どものいる家庭では特に安心感が得られます。UVフロアコーティングで適切な場所は、キッチンや洗面台周辺の水回り、家族が多く過ごすダイニングです。一軒家全体で施工すると高額になるため、そこまで費用がかけられない時には、一部だけでもフロアコーティングしておくと生活がラクになります。施工業者を選ぶなら、何社か見積もりを頼みましょう。料金の比較は勿論、アフターケアは頼めるのか確認も重要です。優良業者であればアフターケアがありますし、住宅に合った適切なコーティングの選択や、コーティングをやり直す時のデメリットなども教えて貰えます。適切な業者を選び、フロアコーティングで大切な家と日々の暮らしを守りましょう。

Copyright© 2018 フロアコーティングをする【住宅に合った適切なコーティングの選択】 All Rights Reserved.